再石灰化:キシリトールの効果

<キシリトールは虫歯菌の栄養にならない >

砂糖をはじめとする他の糖分と異なり、キシリトールは虫歯菌の栄養源になりません。
砂糖は、虫歯の原因菌の一種「ミュータンス菌」が糖分解し発酵させて酸をつくりだします。
虫歯はその酸によって歯のエナメル質が溶かされ、それによってできてしまいます。
一方キシリトールの場合は、ミュータンス菌によって発酵することがないので、虫歯のもととなってしまう酸が発生しません。
しかもミュータンス菌はその中にキシリトールを取り込むことで、エネルギーを消耗し、その活性が弱まります。
さらにキシリトールを長期にわたって使用すると、ミュータンス菌の繁殖が弱まって砂糖からも酸を生産できなくなり、虫歯になりにくくなるのです。

とはいえ、キシリトールを摂取していれば虫歯になることがないというわけではありませんので、注意してください。

<キシリトールは歯の再石灰化を促進する>

虫歯は、その菌の歯をとかしていくスピードに、歯の再石灰化作用(とけた歯をもとの状態に戻す作用)のスピードが追いつかなくなると発生します。

キシリトールは、この歯の再石灰化を促進すると一説では言われているのですが、キシリトール自体に再石灰化機能があるとは証明されていません。
しかし、ガムは他の食べ物以上に唾液を多く分泌し、唾液には歯の再石灰化を促進する機能があることがわかっています。

つまり、「キシリトール配合ガムを食べる→唾液が多く分泌され→その唾液により歯の再石灰化が進行する」という順序が成立するため、間接的に歯が虫歯から守られています。

キシリトールは体にとって害はないことが知られていますが、キシリトールを摂取しすぎると下剤の効果がでてしまうときがあるので、摂取量には注意が必要です。

歯を末永く持続するにはPMTCは特に大切で、この方法が歯の治療した結果をはるか先までキープできるかどうかに強く関わってくることも本当の事です。
大人と一緒で、子どもの口角炎にも多種多様な病理があげられます。とくに目立つ理由は偏った食生活によるものと菌に大別されるとのことです。
寝ている時は唾液の出る量が極めて少ないので歯を再び石灰化する機能が動かず、口中の中性のph状態をそのまま維持することが不可能になります。
歯科医による訪問診療の時は、医師の施術が済んでからも口のケアをしに定期的に数度歯科衛生士達がお伺いする事がたまにあるのです。
歯のホワイトニング処置は歯の表面のエナメル質の汚れた物質などを隅々まで取り去った後に始めるのですが、“ホームホワイトニング”と歯科医院で実施するオフィスホワイトニングの2つの選択肢が選べるようになっています。


気になる口臭を抑制する作用がある飲み物にコーヒーの名前があげられますが、多量に飲みすぎるとなぜか口腔内がカラカラに乾燥し、かえって口の臭いの要因になります。
口のなかに矯正装置を装着し、歯に一定の圧力を常時かけることで正しい位置に人工的に戻し、正常ではない歯並びや噛み合わせ等を治す技法が歯列矯正といわれる治療方法です。仮歯が入ると、、外見もわざとらしくなくて食事や会話にも困ることがありません。その上仮歯がある事で、処置途中の歯がダメージを受けたり歯列がずれてしまったりすることがありません。歯周病は予防歯科が必要な歯の病気です。痛みが出るころには手の施しようがないという事も十分に考えられますので、直ぐに近くの歯科医に相談が必要です。
カリソルブというものは、平たく言えば「現代科学の技術で虫歯の病巣だけを溶かして治す薬」です。その施術中、虫歯以外の歯の領域には全然被害のない便利な薬剤です。
応用範囲のすごく広い歯のレーザーは、種類も多彩で、これ以外に様々な治療を必要とする場面で使用されています。これから後はより一層期待がかけられています。


歯の色というのは何もしなくてもピュアな白色では無い事が多く、それぞれ異なりますが大方の歯は黄色っぽかったり茶色っぽく感じます。当の本人でも知らず知らずの内に歯には割れ目があるという場合も予想されるので、ホワイトニングを受けるときには念入りに診察してもらいましょう。
長い事歯を使うと、歯の表層のエナメル質は少しずつ摩耗して脆くなるため、中に存在している象牙質自体のカラーが徐々に目立ってきます。
カリソルブの使用はどちらかと言えば症状の軽いむし歯を治すのに使いますが、深刻な虫歯を治すのには有効ではないので、そこはご確認ください。
甘い嗜好品を食べすぎたり、毎日の歯のブラッシングをなおざりにすると、歯周病の元凶である菌が蔓延し、プラークが蔓延し、その結果として歯肉炎が発生してしまうようです。

ムシ歯になる理由は、ミュータンス菌と断定されている菌の作用なのです。一旦口内に虫歯菌が出てしまったら、その虫歯菌を取り去る事は大変手を焼くことなのです。
近頃では歯周病を引き起こす原因を排除する事や、原因となる菌に汚染された場所を治療することによって、組織の新たな再生が実現できるような処置が整いました。
甘いお菓子等を大量に食べすぎてしまったり、歯ブラシでのブラッシングを軽視すると、歯周病の菌が蔓延してしまい、プラークが繁殖し、その挙句歯肉炎が生じてしまうと言われています。
良く知られているように口腔内の唾液は、酸っぱそうな物や、美味しそうな食べ物を目の前にしただけで自然に分泌されるものですが、実は虫歯や歯茎の歯周病を防止するのに作用しているのがこの唾液なのです。
一般的にインプラントとは、歯肉の内部にしっかりと存在している顎の骨に、チタンでできた人工の歯根を埋め込み、それを土台として予め作られた歯を装填する治療方法です。

歯の外面にひっついた歯石や歯垢等を取るのを、歯科ではクリーニングと言いますが、それらの歯垢と歯石などは、虫歯を引き起こすきっかけとなる存在です。
キシリトールはむし歯を阻止する効用があるとした研究結果の発表があり、その後、日本を始めとする世界のいろんな国で非常に活発に研究がおこなわれました。
大きい歯周ポケットと呼ばれる歯と歯ぐきの隙間には、プラークと呼ばれる歯垢が入り込みやすく、このようにして固着したケースは、歯ブラシでの歯みがきだけおこなったのでは、完全には取り去れません。
歯を綺麗にする事をメインの目的にしているため、歯と歯の咬み合わせの事などを軽視しているような実例が、あちこちから耳に入るのです。
人間本来の歯の噛み合わせは、じっくりと咀嚼することで歯が摩耗し、個性的な顎や顎骨の形状に適合した、固有の正確なな噛みあわせが生まれます。

普通永久歯というのは、32本生えてきますが、しばしば、永久歯の出揃う時期が来ても、あるエリアの永久歯が、不思議なことに出てくる気配のない事があってしまうそうです。
人間の歯牙の表層を覆っている硬質なエナメル質のすぐ下の部位より、口内環境の指針である酸性度が低くなりペーハー(PH)5.5~5.7より弱まると、歯を形作るカルシウムやリンが溶解します。
口腔外科という科目は、その特性として、顎口腔処置を中心として据えているので、内科方面の処置や精神的なストレス障害に関わるほど、診る範囲は多岐にわたって内在しているのです。
審美歯科に関する施術では、「悩まされているのはどのようなことか」「どんな笑い顔を手にしたいか」を適切に相談をすることからまずスタートされます。
外科処置を行う口腔外科という所は、むし歯、歯槽膿漏あるいは義歯の治療だけではなく、口内で起こるバラエティに富んだ病気に立ち向かえる診療科でしょう。